週末ボディボーダー

BB波乗り日記 ☆★☆★☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリップ2日目は「ゆりあげ・チャリ前」というポイントからチェック。
サーファーも結構入っていてサイズもそこそこあったけどすごくインサイドで波がくずれてて
結構危険な感じがしました。

チャリ前2009092201


写真みてわかってもらえるでしょうか?私がいいたいことが・・。
沖は結構おだやかな感じだけどやっぱり台風のウネリで波のサイズはおおきい。
でもブレイクするのがかなりインサイドでワイプアウトしたらきっと砂浜に・・・

とおもわせるかんじでした。
でもサイズは問題なしにキープしていていい感じ。

でも私たちはここでは入らず少し車を走らせて「ゆりあげ・河口」で入ることに。

ゆりあげ・河口Pってどんなポイント?

ゆりあげ河口Pは名取川という川をパドルで渡っていかないといけないポイントで
他のポイントがオーバーヘッド以上になってもダブル以上のサイズでもライド可能なポイント。
川を渡る際のアクセス方法に注意が必要!
昨年は入り方を知らなくて貝を踏んでケガ人ぞくしつ!!!
私は昨年行かなかったけど
このポイントは絶対入り方を知ってる人がレクチャーしてあげないと
だめ。(ビーチコにも載ってるくらいでブーツ以外にもグローブも用意することをおすすめ)
地元のサーファーの女の子にきいてもグローブしてたし怪我することが多いから
気をつけてって言われました。


私たちはリーフブーツを履き、手にはグローブをつけて川を渡り、海に入りました。

ここはとにかくアウトが遠い。
でも海見た瞬間に、ここの波は絶対に良いって思った。
アウトは遠いけどアウトの波のサイズは大きいのであれば頭サイズある。

波がひいてくるまでは沖にはでたもののぜんぜん乗れなくてずっと波まちしてた。
ここのポイントは波が厚いからなんだかハワイを思わせる波質。
でもなかなか乗れなくてしょんぼり。
でも1時間くらいしたら波数も少し多くなってきて
テイクオフの数も増えてきた。
しかものれる本数は少ないものの、1本の波が超ーロングライドできる波で
スピンもくるくる
ビデオに出てくるようなふかーいボトムターンもすごくきれいにきまって
最高だった

あまりに長いライディングで戻ってくるのにパドルが一苦労。
3時間近く海に入ってヘトヘトになるくらい疲れてしまいました。
ショートボードのみんなはどうだったかわからないけど
BBの私は最高に楽しめました。

さて昼ごはんをすませた私たちは仙台からまた福島方面へ。
私となかやん以外はもう1泊するので夕方にもう1ラウンドをどこで入るのか
探していたところ坂下というポイントに立ち寄って波チェック。


そしたら・・・頭オーバーサイズのすごい波が割れていて
上手いサーファーたちがエキスパートな波乗りをたのしんでいました。
さかした2009092201

さかした2009092202

波チェックしながらみんな言葉を失う・・・

さかした2009092203

ここでは入らず波情報では×印がついていたけど北泉までいってみんなは海に入りました。
きたいずみ2009092201
波チェックしたときにはひとりだけサーファーが入ってました。
この波でひとりで入るなんてすごい勇気のあるひとだー!とおもって写真撮っちゃいました。

私は海に入らず北泉のポイントにあるお風呂にはいってくつろいでから東京へ帰ってきました。
北泉で入ったみんなに波はどうだったか聞いたところ
入って30分くらいはそこできたけど
そのあととうとうオバケ(セット)があらわれたそう。

頭~頭オーバーの波がどんどんはいってきてたそうです。
こわいこわい。
みんなお疲れさまでした。
私もみみせんとともに無事に海に復帰できてよかったー。
みみせんの調子もすごくよかったし、耳栓することでまだ違和感はあるけど
波乗りに集中できて慣れれば大丈夫かなって思いました。

しかし、復帰戦にしてはハードだったなー。
でもとっても楽しかったなー。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://endlesssummer.blog19.fc2.com/tb.php/851-558b4415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。