週末ボディボーダー

BB波乗り日記 ☆★☆★☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009090710040001.jpg


私のひそかな楽しみ。

それは神社やお寺にいったときに朱印をおしてもらうこと。
朱印は訪れた寺院や神社で墨で記入後に朱印を押してくれます。

下町育ちの私にとって神社にいくことはさほど特別なことでもなく
むしろ日常のことでもあるかな。

神社に限らずお寺にいって手を合わせるだけでなんだかほっとしたり
時にはお願い事をしたり、お礼をしに手を合わせにいったり・・

私はいつも深川の成田山へいくことが多い。
それか富岡八幡宮。
小さなときから七五三も初詣もほんとうによくお世話になってるところ。

地元だからっていうのもあるけど
大人になってからは富岡より
成田山のほうがよくいくかな。
深川だけじゃなくて千葉の成田山新勝寺に足を運んだりもします。
のんびり散歩がてら・・・。

雰囲気もすきだし、地元の友達とあうときには門仲でまちあわせして
お参りすることも結構ある。

さて、私がひそかに大切に集めている朱印の存在は、そもそもなかやんのお母さんが教えてくれたもの。
東海地方ではお寺や神社の数も多いし、年配の方が朱印帳をもっている率は高いそう。

これがなかなか楽しくて、朱印帳というものをまず購入するのですが
神社やお寺によってはその場所でしか購入できないデザインの物も販売していて
それを選ぶのも楽しくなります。

ただ、関東はあんまりそういう朱印文化が根強くないのかわからない
けどシンプルなものばかりが売ってます。

しかし限定のものも若い人向けのデザインってなかなかないのです・・・。
もっとかわいい和柄のがあったらいいのになーなんてネット検索してたら
見つけた!!!!

若い女性をターゲットにした朱印帳を販売しているところ!

というわけで行ってきちゃいました。
国立にある谷保天満宮へ☆

20090913135629.jpg


ここは学業そして交通安全にご利益のあるところです。
にわとりがたくさん放し飼いされてましたよ。

そして買ってしまいました☆
1冊目の朱印帳☆

家に帰ってさっそく前日までにもらった朱印の紙を朱印帳に貼りました。
朱印帳を持っていない人は和紙に書いてくれてそれを持ち帰ります。
(たいてい300円かな)

人から見れば大人のスタンプラリーと思う人もいるかもしれませんが
終わった朱印帳は神仏の魂がこめられているといわれています。
だから粗末にあつかってはいけないのです。
自分が他界したときに棺桶に自分の朱印帳を入れるそうです。


ちなみになかやんの朱印帳は靖国神社のもの。
20090913135634.jpg


シブいです。
うしろに靖国神社の刺繍がしてあります。

靖国神社にいったときにはじめて資料館のようなところに足を運びました。
ここは靖国にいったらぜったいいきたかったとこ。

忘れちゃいけないこと
知っておかなきゃいけない日本のことを
あんなにたくさん目の前でみたのは生まれて初めてでした。

この間京都にいったときに感じたのとは違う
日本のたどった歴史を感じました。

歴史っていっても
まだ数十年しかたってない過去なんだよね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://endlesssummer.blog19.fc2.com/tb.php/841-887c62cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。