週末ボディボーダー

BB波乗り日記 ☆★☆★☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐクリスマスですねー。
ってーことで今日は前にもちょっとお話しましたが
ステッカーアートで今年のクリスマスカードを作成しました。

今回はカードをプレゼントするために作成したんですが
窓あきカード(赤色)をプレゼントするかー
窓あきじゃないカード(紫色)にするかー
とってもまよったあげく、2つ作ってうまくできて気に入った方を
プレゼントすることにしました。

そこでおんなじ種類のシールを使って作りましたー。

ひさびさに今回は数少ないグロスマンの赤の窓あきカードとグロスマンの紫のカードを使用することにしました。

ステッカーアート⑲「クリスマスパーティー」です!

クリスマスカード01

これは赤のカードの方です。

今回の登場人物(登場動物?)は
ウサギとオラウータンと犬が計6匹が登場!
大騒ぎしながらパーティーをしている間にこっそりと丸い窓の外に現れたのは
サンタクロース!
魔法のステッキを使うと何やら箱が空いてこっそりクリスマスプレゼントを入れたみたい。
一匹の犬だけサンタが窓の外にいるのを発見して
窓にかけよっていく…
他のみんなはパーティーに夢中でサンタにまったく気が付かない…(笑)
というカードになっています。
あれれ。
6匹っていったけど5匹じゃん!と思ったあなた!
カードの中にもう1匹いるんです。
実はサンタさんは・・・(カードを開くと・・・)
クリスマスカード02

なんとなんと魔法で外にいる犬にも魔法でプレゼントをあげました。

そうなんです。カードを開くと大きなプレゼントの袋を持ったサンタさんが雪の中にいます。

カードの「おもて」は部屋の中をイメージ。
カードの「なか」はおうちの外をイメージ。

赤いカードと紫のノートは動物たちの色や柄、体の向き等はそれぞれ異なりますが基本はいっしょ。
でもひとつ大きく違うのが赤いカードは明るい部屋のイメージ。
紫のカードは電気を消して部屋を暗くしてるイメージ。

じゃあ続いて紫のカードをみていきましょうか!

クリスマスカード03

これでーす。

紫のカードは窓あきのカードではないので自分のシール技で窓を作って
部屋の中と外をつくりました。
赤色のカードと違うのはカードの裏面にウサギがパイプを吸ってるんですよー。
パイプから煙もだしてみましたー。

クリスマスカード04

さてさて今回の赤と紫のカードは今までのカードと何が大きく違うかというと
ツリーが立体なのです!
あたらしい技なのです。
シールのあいだにフォームシートっていうやわらかいシートを挟んでます。
フォームシートを使ったカードをどうしてもつくりたくて上手な使い方をITO-YAで教えてもらいました。
まず貼りたい柄のシールをシートからはがします。
ふつうであればフォームシートは両面テープになっていてフォームシートもはりつける場所のシートをはがすんですが、そうすると
べたべたしたシールの部分どうしを貼ることになってしまいますよね。
それでもいいけど
もしフォームシートが貼りたい柄のシールより小さく使いたい場合、
柄のシールがフォームシートからはみだしたところがベタベタしてます。
これじゃあホコリもゴミもいっぱいついちゃう…。
なのでフォームシートを使うときは、
はりたい柄のシールの粘着をころしてしまって使うと良いそうです。
粘着を「ころす」
つまり粘着させないようにするわけです。
柄のシールにベビーパウダーなどをはたいてしまうと良いそうです。粘着面はすべてフォームシートの粘着部分を使うと考えるとわかりやすいとおもいます。

かわいいですよー
おすすめですー。

ちなみに作り終わって
プレゼントに選んだのは
赤のクリスマスカードです★
気に入ってもらえるといいなぁ。

みなさんはどっちがすきですかー?


このブログに
「また来たいな」とか「また見たいな」って思った方だけで
結構ですので押してくださいね。
(1日1回だけしか押せないですので・・(笑))

ブログランキング



みんなにも感じてもらいたい。
みんなにも知ってもらいたい。
夢いっぱいのステッカーアートの世界・・・
ちょっとのぞいて見ない?


ステッカーラバース


スポンサーサイト
テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://endlesssummer.blog19.fc2.com/tb.php/401-918623ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。